2015年11月22日

模型検討

法蓮の家

実施設計進行中です!
模型もパラレル製作です。


12241470_440406226144196_5719917100801626949_n.jpg


こんな感じに出来上がりまーす、という説明や確認に使う模型です。

実際にはその他、光の入り方、視線と景色、広さや高さなどのスケール、構造的な安定性諸々、数多くのスタディーとシミュレーションが可能です。

この段階でどれだけシミュレーションして改善や進化する事が出来るか、建物の完成度が変わります。

法蓮の家では光の入り方と、天井高さのチェックを念入りに行ってます。

posted by hideta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法蓮の家

2015年11月02日

ラワン合板

11月に入り、急激に寒くなりました。
現場への道中も紅葉が綺麗に色付き心癒される、
何やらお得な季節です。

城山台の家
外装も終盤です。

外部の階段が設置されました。


IMG_3578.jpg


亜鉛メッキ処理されたスチール階段です。
「ドブづけ」仕上げです。
ドブづけ。
建築業界では良く使う言葉です。
外部に鉄を使用すると、雨や湿気でサビが発生します。
サビを良し、と捉える考え方もありますが、
耐久性の問題もあるので大歓迎ではありません。
そのサビから鉄を守るために、
亜鉛メッキのプールに鋼材を浸す処理を
「ドブづけ」と言います。
下地処理としての位置付けが強いので、
この上にペンキで塗装することが多いですが、
今回はこの力強い色味と無骨なムラを残した仕上げとします。
外壁とのコントラストもバランスが良いです。



内部はラワン合板完了です。

IMG_3588.jpg

突合せ納まりで染色なしのクリア仕上げです。
ラワンは、シナと並んで低価格で素材感があり、
空間を操作できる優れた材料です。

IMG_3582.jpg

出隅も綺麗に納めてもらいました。



ハイサイドから光が差し込んでいます。

IMG_3597.jpg

踊っているように見えますが、
ペンダント照明の高さを検討している風景です。


トップライトが効果的な光を演出しています。

IMG_3598.jpg

踊っているように見えますが、
ペンダント照明の高さを検討している風景です。

IMG_3613.jpg


間もなく足場解体です。
posted by hideta at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 城山台の家

2015年10月23日

秋晴れの現場

城山台の家

001.jpg

秋晴れの中、着々と進みます。
巨大なスチールドアが設置され、
外壁工事が再開されます。
スクエアの開口が足場シート越しにも少し分かります。

002.jpg

内部は内装仕上げ前段階まで進みました。
手摺やタラップも設置完了。
28mmの角パイプは、薄いフラットバーよりも存在感があります。
その分、安心感もあります。
伸びるように繋がる手摺が、壁がない空間の視覚的な仕切りとなります。
ロフトのタラップは脱着式です。
京都や奈良では、ロフトのタラップは固定式がNG。
名古屋はOK。
なぜ行政で判断が違うのでしょうか、、、、いつも困ります。

003.jpg

手摺支柱は床固定のベースを隠しています。
床の上にベースプレート乗っけてビスで固定、が圧倒的に楽な取付けです。
ただ、固定部分って、下地だと思います。
下地が見えるのは、ちょっぴり恥ずかしいです。
せっかくなので下地は見えないようにしてます。
階段のササラも同じです。
快く加工引き受けて、見事!綺麗に納めていただいて感謝です。

004.jpg

ロフトやら天井裏やら、
天井の低い部分の奥に影が出てきます。
壁と天井の入り隅が見えにくいことにより、
視線がどんどん、奥に向かっていくので楽しいです。


005.jpg

玄関のFIXガラス。
玄関であり、ダイニングの窓・縁側の役割もあります。



006.jpg

洗面化粧台の設置。
造作の洗面化粧台です。
一般造作材は栂を使用していますが、
水廻りは耐久性を考慮してタモとしました。
大きな鏡と洗面が設置されます。
posted by hideta at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 城山台の家

2015年10月09日

内装下地工事

城山台の家

着々と進んでいる現場です!
外装も間もなく終了、
この時期、とても足場解体が待ち遠しいです。



IMG_8933.JPG
鉄骨階段 塗装済。
踏み板に木板を乗せます。



IMG_8927.JPG
内部の大工用足場が撤去されました。
内装下地のボードが貼られると雰囲気が一変し、
空間の大きさが現れます。




IMG_8935.JPG
北側斜線制限による勾配屋根と
樋のディテール。
屋根同材ガルバリウム製の樋です。
塩ビ製にない素材感と、角(エッジ)が綺麗に表れています。




IMG_8939.JPG
バルコニー開口の枠が設置されました。
板金枠です。
黒い外壁に反した白色。
開口の位置と形態が要となるファサードなので、
その存在を強調させます。
内部からの景色にも考慮した配色です。
硬く規則性のある黒い外部に、柔らかく広がる白い内部です。



IMG_8951.JPG
クリア塗装のサンプル。
上:栂
下:杉
塗装と言っても保護目的のクリアなので、
濡れ色程度です。



IMG_8922.JPG
ベントキャップの色指定のため、
日塗工のサンプルで検討します。
日塗工のサンプルは色種がたくさんあるように見えて、
実際には結構色幅のピッチが粗いです。
品番の中間色、って表現は良くあります。
posted by hideta at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 城山台の家

2015年09月16日

オープンハウス終了しました

瀬戸の家

9/13(日)

オープンハウス無事終了いたしました。

快くイベントの了承を頂いた施主様には心から感謝いたします。


竣-外-IMG_2589.jpg


遠方は大阪!から、
沢山の方々にお集まり頂きました。
貴重なお時間を頂き、
ありがとうございました。

オープンハウスでご案内、ご説明することは
私たち設計者にとって、
カチカチになった頭をほぐしながら整理し、
伝えるという行為により
設計のプロセスが蘇り、
引き渡し直前の寂しさと、
次の仕事への活力となり
竣工時の貴重で有意義な時間です。

初めてお会いできた方々との新鮮なお話や、
以前設計を手がけさせて頂いた方々からの住まいへの感想も
聴くことが出来たことは、私たちにとって貴重な宝です。

竣工写真も撮影することが出来ました。
今後、HPにアップします!
竣-外-IMG_2608.jpg

竣-内-IMG_2646.jpg

竣-内-IMG_2655.jpg

竣-内-IMG_2772.jpg

posted by hideta at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸の家