2018年07月10日

地業工事

朱雀の家

ようやく天気が回復し、
地業工事を進めます。
ベタ基礎の路盤をつくっています。
一部、自沈層が見られる部分があるので
1m程度掘削し、入念に転圧を行います。
埋戻しは30cm毎に転圧を繰り返し、しっかりと固めます。
実際に掘削を確認しましたが、
地山と思われる非常に堅い土が出現し、一安心です。
64116450-F14B-4702-9AE7-27EB80EF4667.jpeg
posted by hideta at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 朱雀の家

2018年07月09日

更新の復活

久しぶりの更新です。
ちょうど、事務所のインスタグラムのアカウントを開設してから、
情報発信はインスタで完結していました。
HPは放置。
ここまで放置すると、管理者側の主観的な目線ですら
「どうしたのかな。。。」
なんて、心配になります。
インスタグラムは写真メインと少しのテキストで表現する、
とても簡単で効率の良い情報発信。
利用者数も多いです。
ブログやHPは時間差のある情報に思えたのです。
しかし
情報量の蓄積と、私たちの活動を見てもらうには
こってりしたブログや
一覧で確認できる作品紹介は必須だと、
あたりまえのことを、あらためて感じます。
今後はできる限り、更新しようと思います。

と言いながらやはり、
インスタグラムは更新が早いと思います。
よければフォロー+見て下さい。
@hideta_architects

posted by hideta at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ササヤキ

2016年10月27日

ガラス工事!

高畑の家

ガラスの設置工事が進みます!


巨大なガラスなので、運搬も大変です。

IMG_2936.JPG


6人での取付けです。


IMG_2947.JPG


これがなかなかの迫力で、掛け声も大きく、お祭り状態です。
ペアガラスなので、かなりの重量です。
耐風圧計算により強化ガラスを採用しています。ちなみにフロートでも重量は変わりません。
ガラスの持ち運びや取付け時は、吸盤を使ってガラスを支持します。あの吸盤はまさに発明品だと思います。


外部からも一部分養生が外されていたので、少しですが上棟以来の外観が見えました。

IMG_2952.JPG

屋根の垂木や梁が外部からよく見えます。内部の表情を外部にも演出できるので一石二鳥です。当然プライバシーも問題も有りますので、見せる場所は限定します。

外壁は現在、左官の下塗り状態です。

内部には、つかの間ですが太陽の光が届きました。

IMG_2942.JPG


上昇するフロアの先から緩やかに届く明るさが最高です。

posted by hideta at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 高畑の家

2016年10月25日

エクセルジョイント!

高畑の家

外から見ると、変化のない状態が続きました。
ご近所様からは、「工事止まった??」などのご質問もいただきました。
見た目はホント変わりません。
実は外壁を施工するにあたり、
取り合いとなる開口部を先行して取り付ける必要があり、
その開口部の木製サッシに時間がかかりました。
施工図訂正、訂正、、、それから製作、取付けがようやく終了。
そして、
ついに外壁工事が始まります。

防湿防水シートと胴縁は終わっていますので、
そこから
ケイカル板を二重張り、
シーラー塗り、
エクセルジョイント塗り、
ランデックスコート塗りです。
これも、えらく手間のかかる工程です。


エクセルジョイントとは、樹脂モルタルの一種です。
左官の下地材にも使用する材料ですが、
そのまま仕上げとして使用します。
高畑の家の外観を左右する重要な工程です。

本日はそのエクセルジョイントの初日、
遠路遥々、熊本から渋谷製作所の方がレクチャーに来ていただきました。

image1.JPG
練り方が重要だそうです。

image2.JPG
早速、左官屋さんが出窓で練習。
下塗りなので、エクセルジョイント100%の材料です。
さすがプロ、鏝押えの均一さとスピードが素晴らしい!


エクセルジョイント本体のみだと、農灰色です。
そこにエクセルホワイトを混ぜて、明るい灰色にします。
配合は工場で行いますので、それまでに決定する必要があり、
数種類のサンプルを撥水材のランデックスコートを散布して確認し、
「エクセル:ホワイト=7:5」のバランスで決定しました。
ホワイトが少ないと、ランデックスコートが白っぽく濁ることが判明し、
それを上限とした値です。
これからは天候との戦いになりそうです。
現場は外壁面上部にシートを掛け、雨対策も念入りに。

外部が進まなかった分、内部は進んでいます。
金物や鉄骨工事もほぼ終了し、
ボードの下地が完成すれば仕上げ準備です。

image3.JPG 
posted by hideta at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 高畑の家

2016年08月19日

完成!

法蓮の家

検査関係、手直し関係も終了し、
ついに完成しました。


14067523_535779176606900_6792570283728224328_n.jpg


プライバシーを守った閉鎖的なファサードと、
相反して、
光が降り注ぐ内部空間。
4つのボリュームを家、
それらをつなぐ部分を道とした
クロスロードハウスの完成です。


14034774_535779373273547_6627717139628394357_n.jpg


法蓮の家、
ご近所なので
頻繁に現場へ足を運び、日常となっていたので
完成することの喜びと同時に
一際寂しさがあります。

とても芯のある大工さん、
最後まで責任持って困難な部分も
見事に仕上げて頂きました。

何時もながら、
様々なリクエストに首を横に振らずに
全力で答えていただいた工務店様。

その他大勢の施工者職人皆様に感謝です。

最後の一月、
毎週末漆喰作業を頑張ったクライアント様、
ほんとにお疲れ様でした。
灼熱の中の重労働でしたが、
住まいへの愛情も比例して増しているはずです。


14051800_535779203273564_7044201655516900678_n.jpg 13962763_535779229940228_170494125780306787_n.jpg 

13938508_535779216606896_7369257394086064938_n.jpg 14021624_535779353273549_2950119291290878831_n.jpg

14063772_535779276606890_5605524967815341287_n.jpg 14089287_535779419940209_2260621393561472339_n.jpg

posted by hideta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法蓮の家