2016年08月19日

完成!

法蓮の家

検査関係、手直し関係も終了し、
ついに完成しました。


14067523_535779176606900_6792570283728224328_n.jpg


プライバシーを守った閉鎖的なファサードと、
相反して、
光が降り注ぐ内部空間。
4つのボリュームを家、
それらをつなぐ部分を道とした
クロスロードハウスの完成です。


14034774_535779373273547_6627717139628394357_n.jpg


法蓮の家、
ご近所なので
頻繁に現場へ足を運び、日常となっていたので
完成することの喜びと同時に
一際寂しさがあります。

とても芯のある大工さん、
最後まで責任持って困難な部分も
見事に仕上げて頂きました。

何時もながら、
様々なリクエストに首を横に振らずに
全力で答えていただいた工務店様。

その他大勢の施工者職人皆様に感謝です。

最後の一月、
毎週末漆喰作業を頑張ったクライアント様、
ほんとにお疲れ様でした。
灼熱の中の重労働でしたが、
住まいへの愛情も比例して増しているはずです。


14051800_535779203273564_7044201655516900678_n.jpg 13962763_535779229940228_170494125780306787_n.jpg 

13938508_535779216606896_7369257394086064938_n.jpg 14021624_535779353273549_2950119291290878831_n.jpg

14063772_535779276606890_5605524967815341287_n.jpg 14089287_535779419940209_2260621393561472339_n.jpg

posted by hideta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法蓮の家

2016年07月06日

外壁終盤

法蓮の家

外壁のガルバリウム小波が概ね、張り終わりました!
梅雨時期ですが天候に恵まれました。


13557782_518825114968973_5846287855632693504_n.jpg


正面の木製サッシもお目見えです。
ピーラーの上品な色が白色とよく合います。

設備機器設置後、
足場解体です!
これが、ドキドキする瞬間でありますが、
とても楽しみです!

posted by hideta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法蓮の家

2016年06月22日

外壁施工中

法蓮の家

外壁が進んでいます!

写真 2016-06-22 9 16 02.jpg

ガルバリウム小波板貼り。
「かすみいろ」です。
真っ白よりも、少し彩度を持った落ち着いた色です。

写真 2016-06-22 9 15 09.jpg

コーナーは曲げ加工で役物無しの納まりで
美しい、板金職人の技です。

ガルバリウムは0.35mmの厚みですが、堅いのです。
この堅い板を柔らかく現場加工される姿に
いつも感心させられます。

内部は開口部の枠を設置中です。

写真 2016-06-22 9 50 19.jpg

タモ材と栂材を部位により使い分けしています。
内装下地ボードも搬入され、
職人さんも増えてきましたので
現場は盛り上がっております!

写真 2016-06-22 9 26 10.jpg


一部、壁にシナ合板の下見板貼りがあります。

写真 2016-06-22 10 02 39.jpg

本日は作製頂いたモックアップを確認しました。
12mmの厚みなので、程よい陰影を持った存在感で安心です!
Vの字に広がる階段と混ざり合った姿が楽しみです。

s-写真 2016-06-07 9 33 54.jpg
posted by hideta at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 法蓮の家

2016年04月28日

青いお家

法蓮の家

二日間にわたる上棟も無事終わり、
軸組と屋根下地まで完成しました。
今後は耐力壁筋交い、金物が進みます。

雨が心配なので、ブルーシートによる徹底した養生を
リクエストしました。

結果、


001.jpeg


徹底した養生でした!
青い!
青い建物です!

内部もほんのり青い!

いいですね。徹底した養生。

完成と同時に、どやッ!とシートを剥がしたい気分です。
が、実際は外壁下地施工時までの限定青いお家です。

木は含水率の上限もあるので、
一度濡れてもまた乾燥します。

ただ、やはり濡れないに越したことはありませんので、
徹底した養生で青いお家になっています。

002.jpeg

吹抜けのボリュームとトップライト等を確認。
平面的に十字にクロスした吹抜けが特徴のプランです。
体感すると、想定通りの体積感というか、ボリュームで安心しました。

003.jpeg

トップライトも良い働きをしてくれそうです。
posted by hideta at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 法蓮の家

2016年04月16日

色決め 棟札準備

法蓮の家色決め等打合せと上棟準備です。
来週の上棟に先駆け、棟札に墨と筆で入魂頂きました!

s-IMG_0853-1.jpg
上棟式の方法は様々ありますが、
今回は工務店様の提案で大きな棟札を製作することとなりました。
上棟の後、屋根や外壁等の工事が進みますので、
先行して外壁の色見本を現場で確認し、色を決定しました。

s-IMG_0846.jpg

ガルバリウムの小波板ですので、金属のツヤや、波の形状で影が出きことから、
大き目のサンプルで確認を行いました。
小さなサンプルやフラットな板サンプルでは、現実の色味とかなり異なります。

s-IMG_0843.jpg
天候によっても随分と変化します。
建物が大きくなればなるほど、面積効果も働き、明るく見えます。
頭で色の補正を行わなければいけません。経験上、
明るさの補正は容易ですが、鮮やかさの補正はかなり難しいです。
赤色のはずがピンクに見える、ような現象です。
色の感覚は個人差がありますが、大きなサンプルで、補正の説明を行い、
施主が持つイメージとのギャップを無くすことは大切な設計者の役割です。
posted by hideta at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 法蓮の家