2016年10月25日

エクセルジョイント!

高畑の家

外から見ると、変化のない状態が続きました。
ご近所様からは、「工事止まった??」などのご質問もいただきました。
見た目はホント変わりません。
実は外壁を施工するにあたり、
取り合いとなる開口部を先行して取り付ける必要があり、
その開口部の木製サッシに時間がかかりました。
施工図訂正、訂正、、、それから製作、取付けがようやく終了。
そして、
ついに外壁工事が始まります。

防湿防水シートと胴縁は終わっていますので、
そこから
ケイカル板を二重張り、
シーラー塗り、
エクセルジョイント塗り、
ランデックスコート塗りです。
これも、えらく手間のかかる工程です。


エクセルジョイントとは、樹脂モルタルの一種です。
左官の下地材にも使用する材料ですが、
そのまま仕上げとして使用します。
高畑の家の外観を左右する重要な工程です。

本日はそのエクセルジョイントの初日、
遠路遥々、熊本から渋谷製作所の方がレクチャーに来ていただきました。

image1.JPG
練り方が重要だそうです。

image2.JPG
早速、左官屋さんが出窓で練習。
下塗りなので、エクセルジョイント100%の材料です。
さすがプロ、鏝押えの均一さとスピードが素晴らしい!


エクセルジョイント本体のみだと、農灰色です。
そこにエクセルホワイトを混ぜて、明るい灰色にします。
配合は工場で行いますので、それまでに決定する必要があり、
数種類のサンプルを撥水材のランデックスコートを散布して確認し、
「エクセル:ホワイト=7:5」のバランスで決定しました。
ホワイトが少ないと、ランデックスコートが白っぽく濁ることが判明し、
それを上限とした値です。
これからは天候との戦いになりそうです。
現場は外壁面上部にシートを掛け、雨対策も念入りに。

外部が進まなかった分、内部は進んでいます。
金物や鉄骨工事もほぼ終了し、
ボードの下地が完成すれば仕上げ準備です。

image3.JPG 
posted by hideta at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 高畑の家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177404650

この記事へのトラックバック